エーデルを作ろう!

アクセスカウンタ

zoom RSS 超極細ゴシックを修正

<<   作成日時 : 2015/10/11 19:45  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 超極細ゴシック体で表示した「藤」をマウスで修正したものが下の画像です。左クリックで黒点追加、右クリックで「消しゴム」です。線がくっついているところを離したり、長過ぎる「はね」を短くしたりしてみました。

画像


これを点図化したのが次です。細線化処理はしていません。デフォルトの設定での「線+形」モードです。

画像


これで実用になるかどうかはまだ疑問がありますが、このようにして修正する方法もあるということです。結果をエーデルに送って、エーデルで修正するという方法ももちろんあります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
藤野先生、こんにちは。
墨字状態で、マウスで編集できることを知らなかったので、ひとつ利口になりました。
けれど、個人的にはやはり点図上で編集する方が、自分の思い通りにできるので好きです。
墨字状態での編集は、失敗してもやり直しができないようですし、なかなか思い通りにできないです。

私は、1点入魂(笑)で、1点1点の間隔も、線がクロスする部分も補点を利用しながら編集することが多いです。

2015/10/11 23:54
 淮さん、おはようございます。
 「超極細ゴシック体」の情報+コメント、ありがとうございました。
 今回、「超極細ゴシック体」を使うと「細線化」処理が要らないことが分かり、重要な収穫がありました。でも、仰る通り、初めからエーデルで自分で描いた方が良いように、私は思います。
 今後ともよろしくお願いいたします。
藤野稔寛
2015/10/12 10:34
>でも、仰る通り、初めからエーデルで自分で描いた方が良いように

あっ、いいえ、初めからではなく、Tenkaで点図の下書きをした後、自分なりに手を加えるという意味です!

これからも先生の色々なアイディアを楽しみにしております。

2015/10/12 23:58
漢字では修正がまだまだ必要だと思いましたが 英字やかなではほとんど修正も要らなくて どんどん作業ができそうだということに気がつきました。うれしいです。ありがとうございます
hiro
2015/10/13 03:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
超極細ゴシックを修正 エーデルを作ろう!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる